会津ひろき『笑うりんご農家』ブログ

就農10年、ブログを新規一転。



課題リストというものを作ってみた。

作ろう作ろうと思ってたけど、なかなか出来ないもんである。

雨だし夕方だし、作ってみた。

こうすればこうできるのに…

そうだ!こうしよう!

これ、片付けなきゃなー

この管理、ずさんだなー

とか、思いつく限り打ち込み。

結構出るもんだ。

部屋の片付けは、物単位で打ち込みました。

ざっくり、部屋を片付けるって打つと、

ゴールがないんですよね。

それよりなら、不要なものを打ち込んで、

明確にしたほうがいい。


打ち込んでわかったこと。

文にすること、番号を付けることで、

管理しやすくなった。

頭の中って一番信用ならないんだな。

すぐ忘れる。

よく使うものなので、ショートカットを作ってデスクトップへ。

編集しているファイルや、これからもよく開くものは、

デスクトップへショートカットを置くと良い。


そういえば、デスクトップがアイコンで埋め尽くされてる人がいたなぁ…。

管理の仕方がわからなくて、そのままなんだよね。

自分の頭もパソコンも、整理整頓しないと。

スポンサーサイト


今年は母親の実家が大活躍。

電気代と固定資産で大体年間10万か…。

火災保険も入れると12万くらい。

うちより新しいし、買いたいもんだな…。


今回も突然集まって、4人でモツ。

少人数もしっくりくるし、大人数のワイワイガヤガヤも好きだ。

狭く深くも良いし、広く浅くも良い。

狭く深くなると、笑いよりも真剣な話が多いように思える。

日頃の愚痴など、これから発展させていくためにはどうするか、

などなど。


今回はモツ会の運営について話し合った。

話をしてて、行き着いた先は、シークレットベース。

秘密基地だ。

言いたくなるところを、敢えて言わない。

とにかくシークレットにしよう、と。

ちょっと漏れるくらいが丁度良い。


今年は多くなりそうだ、

シークレットベース「モツハウス」


会津宏樹といえば、この品種。

だと自分では思っているのですが、

4Hやモツなどあって薄れています。

自分しか栽培していない、花嫁という品種です。

この品種に目をつけて、もうかれこれ9年。

私はこの品種を渡して、ラジオの生放送でプロポーズをしました。

アップルパイにしたり、

濃縮果汁の加工品にしたり、

結婚式の帰りの際のプチギフトにしたり。

加工特性の調査は終わりました。

次は、これを実際の商品にしていきます。

盛岡の試験場で食べた時、

あまりにも酸っぱくて膝をついた。

けれど、自分で栽培して、わかったたくさんありました。

甘くも出来る、酸味を強くも出来る。


今年は苗木を作って頂き、

量産をしていきます。

3年でまずは10a。

試作の樹で採れたものから順次商談を始めます。

もうすでに一件お話を頂いて、ワクワクが止まりません!


「うちの花嫁を使用して、商品を作りたい!」

という方は、是非ご連絡を頂きたいです(^^)

食べた人が笑顔になることを、是非一緒に!!



ここは駆け込み寺か何かか(笑)

お母さんの実家にて。

後輩が相談したいことがあるってうちに来てくれた。

でも残念ながらうちにはそんな来客用の空き部屋はない。

ということでお母さんの実家解放。

どうせならモツやろうぜってことで、人も呼んでモツにしました。


アポの取り方をどうすれば良いのかってのを聞きたいそうで、

電話して、日程決めて文書出せば終わりって、

1分もあれば終わる内容でした(笑)


でもそこからずっと、話題が止まらない。

テーマの核心は、協調性と損得勘定だった気がする。


どちらかというと、自分も協調性がある方かと言えば、ない方です。

空気を読まないで意見言って、

空気を悪くするなんてよくあります。

でも黙って見過ごせない穴があるんですよね。

そういうところからの、損得勘定ってのが、大きなテーマでした。

助け合いなのか、ビジネスとして割り切るのか。

話は自分の経営にも繋がり、大規模化と小規模での経営の話へ。

大規模になると、助け合いというよりは、

ビジネスの部分が大きく感じる。

家族経営の小規模は、助け合いなどが大きく関わるように思う。

どちらが良いのか。

これは答えが全く出ないのだけど、

未来を予測すると、

家族経営の厳しさが伺える。

何かあった時に対応できなくなってくるだろう。

園主の怪我とかね。

でも大規模は常に雇用をしていて、

責任は家族でやるよりもとてつもなく大きい。


果樹は技術職の方に近く、小規模が理想かもしれない。

従業員が退職することになれば、その空きは大きい。

大きいからと言って、従業員を増やしても、満足のいく経営はできないと思う。


とある会議で、10人雇用している農業法人の給与平均が、350万というのを聞いた。

恥ずかしながら驚いた。


りんごではどうすれば出来るのだろうか。


産直の会計、だいぶ早くにまとめてたけど、

最後のチェックで様々なミスが見つかる事件が発生。


例えばエクセル。

今回は労働保険と、所得税の乙欄の、

小数点以下の計算を、足し算とか引き算すると、

金額が変わる事件が二回あった。

結局エクセルで作って振込もしたので、

振込金額も間違ってた。

当然だけど、1円のズレ。

10−7が、4になってた(笑)

合計金額が合わない

⬇︎

全ての金額をチェックしなければならないのかと思ったけど、

新しいエクセルの合計表を作る

⬇︎

でも合ってる

⬇︎

でもこの期間でミスがあるはずとわかる

⬇︎

元の元の表を見る

⬇︎

ズレ発見

⬇︎

小数点の計算の四捨五入の呪いが掛かってる

という事件でした。


この時は2回目だったので、一時間で発見できたけど、

1回目の時は、エクセルの計算完璧信仰が激しくて、

全く理解できなかったです。

発狂寸前。

頭に数字がぶわーーーーーーって広がって計算しきれない感じ。

発狂ですね。


見えないところで計算がそうなってる。

エクセル使えるぜ!

なんて言ったら嘘になっちゃうね。


最近モツ友の会計補佐の長内将吾も青色深刻デビューして、

ようやく経理の話が出来るようになって、

とれたての会計の話をしたら、

すごく驚いてた。

帳簿だけじゃないの!?って。

それをお願いしたのに拒否されたんだろうがーーーー!って、

よく言ってます(笑)

ミスが無ければ良いんだけど、

労務管理のミスがあって、後半グズグズになる。

結局最後は税理士さんにお願いをしましたorz

今年も黒字に出来た。

来年はもっと黒字にするため、新しいことをします。

数年言い続けたけど、自分の頭と体が追いつかないで、

言ってただけの事業です。

自分の頭と身体のズレを直すのに、

自分は相当時間がかかるみたいだ。

水泳やってても、何やってもそう思った。

物覚えは悪い方。

だけど、悪い方だからって腐らないで、

考え続け、やり続けるようにしています。

何かをやるってことは、何かをやめるっていう選択肢もあるので、

その精査はした方が良いと思う。


徐々になりたい自分になるために、

そのズレを無くす作業と努力を。