FC2ブログ

会津ひろき『笑うりんご農家』ブログ

就農10年、ブログを新規一転。

りんご侍 こうみつ



みんなが大好きなりんごの定義。

これは多分ランキングにすると、

甘い、大きい、赤い、蜜入り、香り。

多分これだろう。

そして全て満たすりんごが、このこうみつです。



今年はほとんどをネットショップの方で販売することを決めました。

3kg20ケース限定です。

家庭用なので、傷や色むらはありますが、

美味しさ重視、重さ、イボリ、果形で選びます。

育種された岡田さんの原木こうみつから、

直接穂木を頂き増やした、

オンリーワンでナンバーワンのりんご、是非ご賞味ください。

スポンサーサイト


大きな倉庫、そしてフォークリフト。

今一番欲しいものです。

5年掛けて貯金して買えるかどうか。

まずはフォークリフト。

その前に免許。

うーむ、なかなかお金が掛かるものです。


今年の葉取らずは割と絶品だ。

特にこれから出すものは雪に一発当たったものばかり。

相当味が濃いだろうに。


出荷の第1ピークも終了し、

これから第2ピークへ。

第2は一日中の運搬がないだけ体は楽です。

これでフォークリフトがあれば、相当楽なのだ。

冬には免許を取りに行こう!


いろんな人に聞くと、フォークリフトは持ってるけど、

免許はみんな持ってないらしい…

それでも取る!


りんご選び。

雪が降り積もっていて、まだりんご運べず。

幸い氷点下になった回数はすくない。

雪に当たるとどうしてもつる割れが腐り始める。

これは経験です。

もう雪に当たったつる割れは販売しません。

過去にそれで何回も劣化での返品や交換をしました。

無知は罪だと、強く思いました。

しかるべき施設で、しかるべき選果で、

多くの方に食べれる物だけ食べて欲しいです。


宅配の出荷も開始。

注文書に「早めに」というのがあります。

本当に嬉しいです。

早く食べたい、早く届けたい。

ですよね(笑)

自分もそうですもん。

選んでいると、どうしようもないくらい美味そうなりんごに出会います。

こちらも早く届けたい思いでいっぱいです。

大きな傷もあるし、小さな傷もあるし、贈答品の場合もある。

それらは休憩の時に自分で食べることが多いです。

大きな傷の場合はラッキー。

贈答のときは、正直迷います(笑)

やはり、自分のMAXは自分で食べてみたいんですよね。

りんご農家としての意地でしょうか。

選んでみると、りんごの味は何段階かに分かれます。

100パーセント美味しいりんごだけが実る木というのは、

ありえません。

どれだけ100パーセントに近付けるかだと自分は思います。


選果基準が人よりも多いので、選果に時間がかかります。

対価に見合っているかどうかは、正直微妙なところです。

今の宅配出荷規模だから出来る気もする。

美味しいりんごを食べたいなら、


⑴スーパーで買わないこと。

スーパーにも美味しいりんごは並びますが、

そうじゃないりんごもたくさんあります。

農家から直送がいいでしょう。


⑵収穫日の時期

割と遅めの方から買うのが良いと思います。

だからといって、選び眼力があるかは別ですので。

収穫日が遅い農家がオススメです。

でも、上記の通り、つる割れが腐りやすかったり、

年によって様々条件が変わります。


⑶りんご選びの確かな農家

イボリ、地色、

特に地色は絶対条件。

これを判断出来なければ美味しいりんごは選び出すことはできません。

判断出来るからって、収穫日が遅いかと言われたら、

そういうわけでもない。やはり農家次第です。


最後です。

⑷無理に値下げ交渉しない

これだけは絶対に許せないです。

電気屋さんでも値下げ交渉をする方をみますが、

「そのしわ寄せが一次産業に来てるんじゃい」って思います。

値下げされたら、その選ぶ行為を辞めたくなります。

ちょっと割高なのは、そのりんご選びの技術費みたいなものです。

安いから美味しくないかと言われたら、そういうわけではありませんが、

それだとスーパーと変わらないんです。

スーパーから買ってもらった方がよっぽど良い。

安くしたり、サービスしたくなるお客さまには、

勝手にこちらから逆交渉しますよ(^^)


それでも美味しいのは旬の中のさらに一瞬です。

届けてから、収穫してからすぐに味や食感は落ちていく一方です。

うちの選ばれた美味しいりんごも、3月になれば、

ちゃんと冷蔵庫に入って管理された

スーパーに並ぶりんごよりも劣ることもあるでしょう。

後半は青実の方が食べれるのです。

なので、前半後半で、美味しいりんごというには変わるのです。

もちろん好き好きあるので、一概に言えませんが。


美味しいりんごを選ぶために、夜中の3時過ぎまで選んだり、伝票作ったりしています。

個人農家の限界でもあります。

ただ、欲しいものがある。

物欲ってわけじゃないけど、今は頑張って、

早くその目標に達したい。

だからちょい高めでも、その分美味しいのを選びます。

もちろん美味しくなかった時は…

断罪ですね。


日中はりんごを運んで、夜は選果。

今までは日中も選んで、夜中も運んだりしたけど、

今年は変更しまくって、

改善しました。

誰にも任せられない仕事もあって良いのだ。

それが自分の宅配です。

ここだけは譲れない。

夜にバイトしていると思えばヨシ。

もちろんバイトレベルの仕事はしませんが(笑)

宅配のご注文、お待ちしております(^^)


今年度の収穫も終わりました!

そして今年もまたたくさんのご注文、ありがとうございます。

しかし発送が遅れて申し訳ございません。

なんだかんだで夜に作業をしないと間に合いませんね。

日中はまだまだりんごの運搬、夜は時間を作って発送という毎日です。

あと日中に3日くらい使って運搬しないといけない状態でしょうか。




今年のりんごは後から蜜がドバドバ入って、

夏の暑さの割には品質は平年並みになったと思います。

味が乗ってこなくて心配したのですが、

満足行くレベルです。

暑さのせいか、個人的には酸味が足りないとも思っています。

逆に消費者が求める味になったのかな?

運搬もありますが、明日は資材も追加で買い揃えたので、

一気に出荷してしまおうと思います。

これ以上毎年毎年待たせてられん!


色々考えてやれて、今年は頭も身体も楽な方です。

今までは無駄が多かったなーと反省しています。

美味しいりんごを届けたいからと、

無駄がとっても多かった。

パズルのように、りんごの移動を考えて、

今のスタイルに行き着きました。

次はフォークリフトが欲しいですね(^^)

楽を出来るとしたら、次はそこだー。


あとでやろうは馬鹿野郎なのですが、

馬鹿野郎でも良いから後で整理するとして。


ノートパソコンとパソコンの二台体制になりました。

これによりデータのやり取りはドロップボックスを利用しています。

iPadより、エクセルワードの打ち込み等はこっちの方が楽ですね。

USBメモリで行ったり来たりさせてるうちに、どっちが最新かわからなくなる!

というのを無くせますね。

freee、ドロップボックス、トレロ、

クラウド管理にまだ慣れていませんが、徐々に理解して、

最適な使い方を自分なりに考えていこうと思います。