FC2ブログ

会津ひろき『笑うりんご農家』ブログ

就農10年、ブログを新規一転。



やっぱ寝床に来ても、パソコンの資料作りしなきゃならない時が来た。

ノーパソあれば良いんだけどなー。

今あるのはiPad。

でもiPadでのエクセルワードのオフィスソフトの使い勝手は、

あんまり良くない気がしていました。

でも今なら結構大丈夫なんじゃね?と、

思い切ってドロップボックスと、

ワードもダウンロードして来ました。

エクセルは以前から一応あります(^^)



ファイル一個アップロードしてみたけど、

結構良いですね。

久しぶりにクラウドでファイルを使ったなー(笑)

グーグルドライブを使っていたのが懐かしい。

やっぱiPadとiPhoneは便利だな。

ちょこちょここうして、さらにクラウド化に慣れていこうかな。

スポンサーサイト


収穫量、出荷量をパソコンで管理をしたい。

昨年は紙ベースで管理して、それから打ち込み。

本当はパソコン一台でやっちゃいたい。

ということで、トレロというタスク管理ツールを使い、

収穫量をiPad、iPhoneから入力して、

パソコンでチェックしていくっていう方式にしました。

今まで産直に出荷した分は恥ずかしながらノーチェックで、

売れたら出てくる精算書からのみ、

金額のみのチェックでした。

ほぼ売り切っていたのでチェックしていませんでした。

ついでなので、

こちらも同時に書き込んでいきます。


付箋みたいなツールだと思ってください。

すぐ作れる、すぐ消せる。

作りながら、直しながら、自分に合う形を探す。

この改善も、自分には合っていないかもしれません。

とりあえずやってみる。

iPadもiPhoneも毎日触ってますから(笑)

多分自分には合うはず。



苗木で育てている、こうみつさんです。

今年は結構実りますね~

でも安心はできない。

味が乗るかどうか微妙なところだ。

苗木のりんごは美味しくないっていうのは、

世の常である。

三年目の枝に良いりんごが実るけど、

苗木はさらに掛かるのかと思います。



形を吟味して二番摘果。

こうみつは特に味と品質にこだわっています。

目指すは美味しい大玉。

しかも13玉クラス。

狙うはそれ以上!!

今のうちに選べるだけ選んで、大玉にしていきます。

昨年の秋に台風で落ちてからでも玉伸びしていたので、

まだまだ摘果シーズンではあるということ。

花芽形成させるために、早期摘果。

肥大させるには、後からでも間に合う。

と思うんだなー。

来年は苗木で結構植えます。

まだまだいろいろ試して、経験値を積みたい。


作って頂いた15本のうち2本が枯れてしまった。

水が足りなかったのかな?

もしくは土の砕きがありなかったのか。

接木部分が取れたのか。

いずれにせよ、もう少し作らないと。

苗木代もバカにならんorz

このロスが一番勿体無い。


農水省の働き方改革の委員になり、

こうしてホームページで紹介されました。

自分でもまだまだなのはわかってるし、

行って自分がどれだけ無知かってのもわかりました。

が、行って自分が何を知らないかということも知ることが出来ました。

井の中の蛙、大海を知らずです。

知ることが出来て良かった。


文言を考えるにあたって、相当悩みました。

嘘は書きたくないし、

だからと言ってすごい低い目標も立てたら、

見た人が「大したことないやん」

って思うかもしれないしって。

大きく見せるわけじゃないけど、

何かこう自分の中で上手く言葉で表現できなかったのです。


自分が呼ばれた理由ってなんだろう?

経営局が知っている農家のライナップで、

果樹農家として目立っているのは、

自分だったというところ。

確か果樹枠で呼ばれたはずです。

マルチになんでもこなして、

新進気鋭の雰囲気がある果樹農家。

そんなところでしょうか。

そして若手枠。

選ばれて、「俺、実はそういうんじゃないんだけどなー」

とも思ったけども、選ばれるってことはそういうことなんだろうと思い、

行ってきました。


そんなところでどうしようか?となるわけです。


そこで考えたのが、

「脱!農家!

経営者に俺はなる!!」

これが一番しっくりきました。

オラはまだまだ経営者としては全然ダメっていうのも認めつつ、

そんな奴は実はオラだけじゃなくて、

他にもたくさんいるってのも知ってる。

この宣言の後には、

「俺もこんなんだから、一緒に変わろうよ!」

「今までの"農家"じゃなくて、経営者になろうよ!」

っていうメッセージが込められています。

気がつくかなー?(笑)


誰と比べるわけでもなく、

誰と戦うわけでもなく、

あくまで自分の中にある課題との勝負です。

だからやりにくい。

自分を律する、我慢、集中、一番苦手だ。

だから小さな積み重ねが必要です。


宣言にある通り、

課題を100改善して、作業時間を10パーセント下げたいと思います。

そのための作業時間管理アプリのアグリオンだったり、

ブログの新しいカイゼンタグだったりします。

第三者に見てもらう、見られてる、

ってのが、この小さな積み重ねに良いスパイスです。

カイゼンにルールはない。

それちょっと違うんじゃね?って言われても、

後々気がつくかもしれないし、

実はやって正解だったりするし、

十人十色なのだ。

自分なりのカイゼンを、たくさんまとめましょう。

さぁ、カイゼンしようぜ!

農家の働き方改革!