会津ひろき『笑うりんご農家』ブログ

就農10年、ブログを新規一転。



先日開催された県の農業者会議。

4Hクラブ、若手農家の県大会だ。

ちょうど6年前、自分は人生が変わった大会である。

自分は久しぶりの参加だ。

昨年は長野とダブったんだよな~。

今年の大会には、栃木の阿部梨園さんが講師で招かれて、

とても嬉しい(笑)

昨年長野に行く前、五所川原4Hクラブで視察に行ったことがあるのです。

そして、阿部梨園の佐川さんとは、GOBO合宿でもお会いしている。

今回は平川の工藤秀平さんが運転をしてくれて、

2人で会議と青森をご案内。

まずは早速、味噌カレーバター牛乳ラーメンでランチ。

すごくゲテモノ系に思われるのですが、

意外と美味しく、今では青森市内の名物です(笑)



県のクラブ員の中では、アイヅヒロキという男は、

あまりよく知られていません(笑)

自分で言うのは変だしね~。

自分は、ただただ普通のお祭り野郎です(^^)

なんかスゲーテンション高い、津軽のりんご農家だとわかってくれたらOK。

それが100点の答えだ(笑)

三人は、ズッコケ三人組、全協バージョンである(笑)



懇親会、二次会。

農家は飲み会が好きっていうのは、ひと昔前の話だ。

今は飲まない農家も多い。

人付き合いの苦手な農家も多い。

全体的に今の若い人には多いそうです。

こういう組織が弱体化した理由の一つでもあるし、

今も続いている理由の一つでもあります。



翌日、阿部梨園の講演ですが、

農業に必要なのはこれだよな~というのが詰まりに詰まっていました。

働き方改革の委員になっていますが、

まさにこれだ!というような講演でした。

企業では当たり前は、農業では非常識。

自分もできていないところが多い。

思いつくところが何箇所かあったので、

翌日整理整頓から始め、整ってないところに手をつけはじめました。



青森県の若手農業者、気がつけば自分も古株です。

いつの間にか中心人物なのも終わり、

老害になりつつある。

しかし、あと10年、この組織が地元に残るだろうか。

メリットを見出せない人が多い現場だけでは時間の問題だ。

今後はメリットを自分で作り出せるヤツらだけの組織がきっと出来るはず。

時代は変わる。

人も変わる。

時代のせいにするのは楽だし、

人のせいにするのも楽だ。

でも確実に変わっていくんだ。

流れに飲まれないで、流れを作る側に。

エネルギーは相当使うけど。
スポンサーサイト